• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

2016 Do your best! がんばれ!

江南校 安田 弘之

“Do your best! ”  (日本語訳は下にあります)
I am a big book lover. Although I’m an English teacher, one of the most favorite genres is classical Japanese literature. I love it. Recently I read it, not in classical Japanese language but in English, though. Among many beautiful works, above all, I like a small work called “Shorai Mokuroku”. This is a story of a Japanese Buddhist priest, Kukai, meaning sky and sea in Japanese. He is the most famous, beloved, and revered Japanese priest and a founder of the True Words sect. This is not a religious story. This story includes the Journey to Chang’an, the capital of the Tang dynasty, China and the encounter with his master, abbot Hui-kuo at Green Dragon temple. I hear a movie titled “Ku-kai” based on the above-mentioned story will be aired next year in China and Japan.

In this story, young Kukai had a legendary encounter with his master. When the old master transmitted the secret of the religion to Kukai, he was almost dying. The master made every effort, and said to his beloved pupil “Do your best!” and “Do your best!” again and again. The master finally completed his task.
When I read this story, the word “Do your best!” reminds me of a lot of memory with my students. I also say “Do your best” very often, sometimes happy, sometimes bitter, sometimes enthusiastic, sometimes forced and so on. This simple expression means a lot. I remember the faces of my students with affection. We are now in the final phase of preparation to the exam. I say again, “Do your best!” to my students.
Let’s go back to Buddhist priest Kukai once again.
Is the master’s “Do your best!” to his beloved pupil affectionate or deeply religious one?
I think it’s probably the former. Or possibly both?

“がんばれ”
 私は本好きです。英語講師ですが、一番好きなジャンルの一つは、日本の古典文学です。古典文学大好きです。最近は、古文でなく、英語で読みますが。多くの美しい作品の中で、とりわけ、『御将来目録』という短編作品が好きです。これは、空海の話です。空海は、最も有名で、最も愛されていて、最も尊敬されている僧で、真言宗の開祖です。この物語は、そんなに宗教的なものではありません。これは、中国の唐王朝の首都、長安への旅と青龍寺での恵果阿闍梨との出会いの物語です。この物語をもとにして来年、“空海”という映画が、中国と日本で放映されると聞いています。
 この物語の中で、若き空海は、彼の師との伝説的な出会いをします。高齢の師が宗教の神髄を空海に伝えた時、師には死が迫っていました。師は、あらゆる努力をし、そして、愛弟子に、何度も何度も、“がんばれ”、“がんばれ”と言い続けます。師は、最後に、全てを完成させます。
 この話を読み、“がんばれ”と言う言葉を聞くと、生徒たちとの多くのことを思い出します。私も、“がんばれ”とよく言いますが、時には楽しく、時には苦々しく、時には夢中になっていて、時には無理に言ったり、いろいろあります。このシンプルな表現には、多くの意味が含まれています。私は、生徒たちの顔を、愛情を持ちながら思い出します。私たちは、今、入試の準備の直前期です。もう一度、生徒たちに、“がんばれ”。
 もう一度、空海にもどってみましょう。
 師の愛弟子への“がんばれ”は、愛情にみちたものでしょうか、それとも、深い宗教的なものでしょうか?
 私は、それは、多分、前者だと思います。もしかしたら、両方でしょうか?
ケイセツゼミナール at 2016.12.31 19:30│comments (2)│trackback (x)│
Try your best!
| Try your best! | 2017/01/30 11:25 AM |

You want to say, you love Kukai!
| General Giap | 2017/01/03 11:41 PM |






半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。